Blog&column
ブログ・コラム

バス釣りと海釣りで使う釣竿の違いとは

query_builder 2021/05/28
コラム
8
「バス釣りと海釣りで同じ釣竿を使いたい」と考えている方も多いようです。
気軽な趣味として費用を抑えて楽しむなら、1つの釣竿を両方に使いたいと思うのも当然ですよね。
そこで、ここでは、海釣りとバス釣りで使う釣竿の違いについて簡単に解説します。

▼バス釣りと海釣りで使う釣竿の違いとは
釣竿は、「海釣り」「バス釣り」それぞれ専用のものが販売されています。
2つの釣竿で最も違うのが長さで、バス釣り用の方が短くなっています。
また、バス釣り用の釣竿は基本的には淡水で使うことを前提に作られています。
そのため海水がついたまま放置してしまうと錆びやすいため注意が必要です。
さらに耐重も違うので、魚によってはバス釣り用の釣竿だと折れてしまう可能性があります。
とはいえ、どちらの釣竿も「他の場所で使ってはいけない」というルールがある訳ではありません。
釣竿は短くなるものの、バス釣り用の釣竿で海釣りを楽しんでいる方もいらっしゃいます。

▼まとめ
使うことは可能でも、釣竿が持つ力を最大限に発揮させるには、場所に合った釣竿を選ぶのがベストだと言えます。
そのため釣りを本格的に楽しみたいと考えているなら、ぜひ場所に合った釣竿を使ってみましょう。
釣りを本格的に楽しむために釣竿をお探しでしたら、横浜市の「フィッシングアリーズ」までお問い合わせください。
上級者はもちろん、初心者からの相談に対しても丁寧なサポートを行っておりますので、安心してご利用いただけます。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE