Blog&column
ブログ・コラム

初心者でもできるリールの使い方とは?

query_builder 2021/08/01
コラム
21
釣り初心者にとって、リールの使い方は少し難しいと感じるのではないでしょうか。
今回は、そんなリールの使い方をご説明しましょう。

▼知っておきたいリールの使い方のポイント
リールの使い方には、知っておきたいポイントがいくつかあります。

■初心者向けのリールを選ぶ
リールにはいくつか種類があり、初心者にはスピニングリールと呼ばれるタイプがおすすめです。
扱いやすい上に、初心者に適した釣りのほとんどに対応していますので、スピニングリールを選んでおけば間違いないでしょう。

リールのパーツを理解する
リールはいくつかのパーツで構成されていますので、それぞれの用途を理解することが大事です。
例えば、糸を巻くために回す部分をハンドルと言いますが、ハンドルは利き手とは反対の手で回します。
というのも、利き手でしっかりと竿を握っていないと、魚が食いついた時に竿を持っていかれてしまうからです。
したがってリールを買う時は、ハンドルは利き手と反対の手で回してみて、スムーズに動かせるものを選ぶのもポイントとなります。

■糸も重要
リールにはスプールと呼ばれる糸を巻きますが、リールによって糸のサイズも異なるため、スプールの使い方も重要なポイントです。
一般的には、100~150mほど巻けるスプールがよく使われます。
リールの使い方に慣れていないうちは、糸が絡まってしまうことも多く、予備のスプールを用意しておくと安心です。

▼まとめ
リールを使って行う釣りは、本格的な感じがして憧れるという方も多いのではないでしょうか。
ただ、使い方に慣れていないと戸惑うこともあるため、リールの構造を理解しておくのもいいですね。
当店ではリールはもちろん、スプールも多数取り揃えておりますので、どんなことでもお気軽にお尋ねください。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE