Blog&column
ブログ・コラム

夏の釣り用ウェアのポイント

query_builder 2022/03/01
コラム
41
夏の釣りは暑さだけでなく、害虫や突然の雨など過酷な状況になる場合があります。
そんな環境の中で、どのようなウエアが適しているのでしょうか。
今回は、夏の釣り用ウエアのポイントについて紹介していきます。

▼夏の釣り用ウエアのポイント

■出来るだけ肌を露出させない
夏は強い日差しによって、日焼けしてしまいます。
釣りの場合は、7時間以上外にいる場合があるので、半そでやタンクトップだと軽い火傷のようになってしまいます。
日焼け止めを塗って対策はできますが、汗や水で流れ落ちてしまうので、何度も塗りなおす必要があります。
また、露出の少ないウエアは害虫対策も出来ます。
出来るだけ露出していないウエアを選べば、釣りに集中することが出来ますよ。

■透湿防水素材を選ぶ
透湿防水素材は、防水性がありながらも、ウエアの中に溜まる蒸れを外に放出してくれる透湿性のある素材です。
雨や水などをシャットアウトしつつ、暑さ対策も出来る優れた素材なので、ウエアを選ぶ際に注目してみてくださいね。

■色は黒がおすすめ
黒は紫外線を最も通さない色と言われています。
逆に白などの薄い色は、紫外線の透過率が高い色なので、せっかく肌の露出を抑えたとしても意味が無くなってしまいます。
しかし、黒は赤外線を吸収しやすいので、熱がこもりやすくなります。
黒系のウエアでまとめるなら、前述で紹介した透湿防水素材や速乾性のあるものを選びましょう。

▼まとめ
夏は暑さが一番気になるところではありますが、出来るだけ肌の露出を抑え色も暗めがおすすめです。
暑苦しく感じるかもしれませんが、快適に楽しく釣りをするために覚えておいてくださいね。
フィッシングアリーズは、横浜にある釣具店です。道具の買い方やアドバイスも丁寧にレクチャーしますので、是非一度ご相談ください。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE